チラシ印刷をネットで依頼

チラシの印刷をするためには、どのようなデザインで何の情報を掲載するのか、どのような紙質にしたいのか、サイズはどの大きさにするのか、カラーはどの色にするのか、片面なのか両面にするのかなど、決めなくてはならないことがたくさんありますが、ネット型のチラシ印刷の会社であれば、簡単なチラシのデザインを作成するだけで、あとは必要な枚数を選ぶだけで簡単にチラシ印刷をお願いすることが可能となります。ネット型のチラシ印刷であれば、ホームページで申し込みをして必要なデザインを送信し、あとはページにそって進んでいき、必要な枚数や内容を選ぶだけで印刷をお願いすることができ、少ない枚数からのチラシの印刷を依頼することができるだけでなく、大量のチラシの印刷も依頼することができたり、大量の印刷であれば割引がきくなど通販型ならではのサービスを受けることもできます。

チラシ印刷は格安のネット印刷で

チラシ印刷やパンフレット、リーフレットなどの作成をお考えなら、ネットで申し込める印刷所のサービスを利用する事がコストやスピードの面からおすすめです。従来のオフセット印刷は大量部数を刷らなければ割高になっていたのですが、オンデマンド印刷はデジタルプリンターを使って必要な部数だけを発行できるので、数枚から数百枚程度の少部数なら圧倒的に安く作成できます。デジタルプリンタと言っても印刷の品質はオフセットと遜色なく、またデータ入稿に対応しているので簡単なデザインであれば打ち合わせもなく、ネット上から申し込んで極めて短納期での納品も期待できます。データで入稿する事は、今後同じデザインで改訂版を作った時にも流用が効き、簡単で便利にもなります。仕事で急にチラシ印刷やパンフレットが必要になった時には、印刷所を調べてネットで申し込んでみてはいかがでしょうか。

チラシ印刷における用紙サイズの選択のコツ

チラシ印刷をするときは、用紙のサイズにも注目しましょう。スーパーなどで製作されるチラシには、特売情報が掲載されていますが、サイズはA4やA3など、いくつか種類があります。A4サイズのチラシは、コンパクトで手に取りやすく、一般家庭のA4ファイルにも保存しやすいメリットがあります。町内会や自治会で作成されるチラシや回覧もA4サイズが多く、保管してもらいやすくなります。A3サイズは新聞を見開いたときの片面と同じ程度のサイズです。手になじみやすい特性があります。縦方向でも横方向でも、重要なのは紙そのもののサイズです。手に馴染んでいるサイズは、手に取りやすいからです。折りたたむことも考慮すると、新聞や町内会チラシなどで扱い慣れているサイズが、広告にも該当します。チラシ印刷は、どのような人に手にとってもらいたいのかを考えて、その人たちが普段手にする機会の多い紙のサイズを意識すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*