屋台でののぼりの種類について。

「のぼり」と聞いてまず何が思い浮かぶだろうか。私は大阪出身なので「たこやき」と書いた赤色ののぼりをまず思い浮かべました。季節によってのぼりを変えるところは多いはずです。飲食店などは夏にはかき氷やアイスクリーム。冬になればおでんや肉まん。どれものぼりがでているのをみて、そんな季節になったのかと感じて思わずお店に入って食べたくなるものです。昔はそのようなよく目にするものばかりだったのぼりも時代の移り変わりとともに進化をとげているようだ。お祭りなどにでかけるとたくさんの屋台が出ていることが多い。そんな屋台にはのぼりがたくさん出ているが珍しいものもたくさんあるのです。例えば印象深いのは「トルネードポテト」。トルネードポテトとはじゃがいもをらせん状に切ってその形のままあげたものである。この商品が屋台などに出るようになったのはここ5年ほど前からではないでしょうか。のぼりとしては文字が長いのでとても目を引き、商品自体も珍しいのでお客さんが多く並んでいた。ここ最近ではB-1グランプリで賞をとった、「富士宮やきそば」というのぼりもみかけたことがある。名前自体も昔ではきいたことがなかったので当初かなり珍しく感じたものだ。

のぼりの生地の種類について調べた

「のぼり」は最近いろいろなところでつかわれている。まず思い浮かぶのは飲食店。食べ物の名前が書いたのぼりを何個も掲げておいているお店がおおいのでおもいうかびやすい。そしてパチンコなどのアミューズメントでもお店の周りをぐるっとかこうように置いているところもおおいでしょう。風に旗がなびいて存在感を増殖させる。このようにどんなお店にもおいているのぼりはいったい何円くらいで作ることができるのか疑問に思ったので調べてみました。まずのぼりの旗の生地にもよって値段がおおきくかわってくることがわかった。一般的な布はテトロポンジという素材のようだ。よくみかけるものはこのテトロポンジからできているのぼりでしょう。そして、テトロポンジよりももっと強度などを希望する人にはテトロンツイルという生地である。このテトロンツイルは国旗などにも使われていれ生地が丈夫で長持ちがするがテトロポンジよりも少し割高である。あと上記で化学繊維の生地ではなく綿をつかったのぼりもまだ残っている。主には古風な場所。たとえば神社などののぼりなどはこの綿ののぼりを使っていることが多いそうです。値段はテトロポンジよりかは千円ほど高いが古風で親しみやすい生地である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*